未来へ美しい自然を残す

未来へ美しい自然を残すこと、
それが私たちの役目です。

八色鳥(ヤイロチョウ)体長約18cm、体色は八つの色で構成されます。名前の通り多彩で華麗なこの小さな鳥は春から夏にかけて東南アジアから日本へ飛来し、子を育て、秋にはまた南ヘ帰る渡り鳥。かつてはこの愛媛でも、いたるところで見ることができました。しかし、東南アジアの森林は次々に伐採され、貴重な森林資源とそこに生息するヤイロチョウは絶滅の危機に瀕しています。                                

私たちは、こうした地球環境の悪化を防ぎ、巨木が生い茂る森林と、ヤイロチョウが安心して暮らせる環境を守るため、古紙を100%リサイクルする純再生紙を提言し、未来へ美しい自然を残すため、一歩先を見つめたチャレンジをしています。私たちはこれまでもそしてこれからも皆さまとともに、古紙リサイクルや再生紙の普及を考え、自然環暁の保護に取り組み続けます。   

ヤイロチョウ
ヤイロチョウ

八色鳥 Pitta brachyura ヤイロチョウムクドリよりも小きい五色の鳥、「ヤイロ」は体色が,赤,黄色,緑,コバルトブルー,茶色,白,黒などの八色から構成されていることに由来している.「フォーヘン,フォーヘン」の鳴き声が印象的.日本では夏鳥として,本州中部以南、四国、九州などで生息し,愛媛県では南予の鬼が城連山と篠山で観測記録が残っている.環境庁の「レッドデ―タブック」では,絶減危惧種指定。
資料協力:愛媛パルプ協同組合殿

Comments Are Closed